FC2ブログ

メダカの日光浴!

2014.12.01(Mon)

皆様、こんにちは。
明日から急に冷え込むみたいですね。

今日はメダカに日光の必要性について私見を少し…

MF-003楊貴妃1

一般論を言うと、日光を浴びたメダカの方が丈夫だと言われています。

それについて反論する気は、さらさらないのですが
では、完全屋内でほとんど日光を浴びないメダカが弱いのかと言うと
そうとも言い切れないような気がするします。

ワタクシは、もう何年もメダカの屋内での飼育・繁殖を経験しているのですが
同じ日の生まれたメダカで・飼育環境が全く同じでも
成長の度合いがだいぶ違いますし、性格まで違うんですね
不思議ですね!

そこでワタクシは日光うんぬんよりも、俗にいう自然淘汰説
自然選択説の摂理が働いている方が大きのでは?と睨んでおります。

自然選択説の起源は、チャールズ・ダーウィンがロンドンでハトの品種改良を観察し、様々な品種の多様な形質に驚いた。またマルサスの人口論を読み、限られた資源を争うのは人間だけでなく全ての生物に当てはまるのではないか、そして人間に優劣があるように、生物も全て平等ではなく、生存と繁殖に有利さの差があるのではないかと考えたことに
あるとされています。

変異の中には、自身の生存確率や次世代に残せる子の数に差を与えるものがある。(選択)
上記のメカニズムのうち、一般に生物の繁殖力が環境収容力(生存可能数の上限)を超えるため、同じ生物種内で生存競争が起き、生存と繁殖に有利な個体はその性質を多くの子孫に伝え、不利な性質を持った個体の子供は少なくなる。
と、概略はこんなところなんですが、それ以外に様々な要素が関係します。

例えば、選択圧です。
砂漠では砂色の体が保護色となる 、発汗が抑えられわずかな水分を有効利用する、あるいは夜行性となるなどが生存に有利に働く。このように実際に生存率に差をもたらす自然環境の力を選択圧と言います。

キリンの首がそうですね。ちょっと引用します。
高いところの葉を食べるのに有利だったから長い首を持った個体が生き残った、と説明される。ただし、選択圧は一つだけとは限らない。長い首は辺りを見回すのにも有効である。一方で、それを維持するための負担がある。首を支えるには大きな体が必要で、そのためには食料も多く必要になる。脳まで血液を送るための強靱な心臓と、逆に鬱血しないための脚の特殊な構造が必要であるが、これらは首を長くしない方向の選択圧である。キリンは600万年かけて4mの首を持つに至ったが、一年あたりで言えば1,000分の6ミリにすぎない。ダーウィンフィンチで見られるように、選択圧は双方向に働き、長くなったり短くなったりしながら今日のキリンになったと考えられる。

と言うことなんですが、ワタクシが何を言いたいかといいますと
「生き物は、不思議だ」この言葉に尽きます。

メダカも水槽の中で、我々飼育者のコントロールを超える次元で
生存競争をしているのです。

今回はちょっと堅苦しくなりましたが、大きな自然の摂理に思いを馳せると
日光の有無だけで、丈夫とか弱いと決め付けるのは出来ないのでは?
とワタクシは思いました。



スポンサーサイト

この金魚どうしよう?このメダカもどうしたらいいかしら!

2014.08.19(Tue)

皆様こんにちは。
この時期に多い質問があります。

それは…

2691385429_d4019932bb.jpg

子供にせがまれて、何となくお祭りのいい気分で…
理由は様々ですが、衝動的に金魚すくいをして(メダカも含む)
金魚を数匹、家に持って帰ってんけどどうしよう?
という質問です。

そんなん知らんわい!!
と言いたいとこなんですが、親切なワタクシは教えて差し上げます。

買ってきて2-3日で死ぬ場合も多いのですが
これの第一原因は水です。そうです、waterです。

水道水は基本的にヤメた方がいいですね。
人間の体にはいいし、値段も高いからといってevianとかを
入れる人がいますが、evianは硬水なので、絶対ダメですよ。
ちなみにボルビックは超硬水なので、論外です。

まず持って帰ってきた日は、そのままの水で過ごさせてあげましょう。

そして次の日に、チオ硫酸ナトリウム(通称ハイポ)を購入しましょう。
ホームセンターで「ハイポ下さーい」といえば、間違いなく置いてあります。

これは水道水中の塩素を取り除く作用があるので
水道水を水槽に入れても、基本的に大丈夫です。

後は、ごくごく自然に飼ってあげればおっけいです。

水槽の大きさやエアレーション(通称ブクブク)は、それなりにあった方がいいですね。

金魚すくいの金魚は、ワキンの当歳魚なので
上手く飼えば、5年以上は生きると思います。

水の管理をしたり、最初に最低限の飼育道具を揃えるのも
面倒な人は、最初から金魚すくいはしない方がいいかもしれませんね!

12666-3.jpg


素敵なメダカ・ザリガニはコチラ

バナー150-75


ポチッとお願いしますm(__)m
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

我が家のメダカは、その時?!

2014.07.11(Fri)

大型の台風8号が予想より南に逸れたとは言え
各地に被害をもたらしていますね。
幸いワタクシが住んでいる大阪では、被害らしい被害もなく
良かったのですが、台風も恐ろしい天災の1つですね。

そのような天災の到来を、動物たちは予知できると
古くから言われています。
もっとも台風に限っては、気象衛星でリアルタイムに情報がわかる現在
動物の予知能力に頼る必要はないと思いますが……

白メダカ3

これは同じく天災である地震のはなしなのですが
地震が起こる数日前から震源域を中心に、動物の異常行動がみられ
これを前兆行動と呼ぶそうです。

阪神・淡路大震災前に、鳥が一晩中鳴いてた・ネズミがいなくなった
犬が吠え続ける等々の行動が多数確認されたそうです。

その原因としては、電磁波・帯電エアロゾル噴出・地震発光等の
地震自体の前兆現象が、動物たちにストレスになり
その結果として、異常な行動すなわち前兆行動で表現されるという説もあります。

そこで、台風の接近により我が家のメダカ達がどのような反応をするのか
注意して観察していたのですが

まったく普段と変わりません!
異常な前兆行動しません!
熱心に観察しているワタクシの行動のほうが異常です(笑)

我が家のおバカ猫にいたっては
結構ヒュぅ~ヒュぅ~と風が強く吹いてるのに、ずっと寝てました。
P1000032 (1280x960)

完全にアホです。

結論
我が家の動物の予知能力はゼロでございます(笑)

素敵なメダカ・ザリガニはコチラ

バナー150-75


ポチッとお願いしますm(__)m
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

光るメダカ!?これはアカンやろ!!

2014.06.27(Fri)

こんにちは。 今日は光るメダカについてお話させて下さい。
みゆきメダカ1
上の画像は、我が家の白ヒカリメダカです。
これは通常起こりうる突然変異で生まれるヒカルメダカを累代にわたって
掛けあわせたものです。
確かに人為的なものですが、ワタクシの感覚ではオッケイです。

なお突然変異とは、DNA等の塩基配列に変化が生じる遺伝子突然変異であろうと
染色体の構造等に変化が生じる染色体突然変異であろうと
自然界でも発生するものと、個人的には定義付けしております。

そこで次の画像をご覧ください。
geneticpet4.jpg
これもメダカをです。 しかし思いっきり光っていますよね。

それもそのはずで
b0137402_431333.jpg
このような発光クラゲの遺伝子を組み込んだ「遺伝子組換え」メダカなのです。

こうした蛍光たんぱくの組み込みは、遺伝子の仕組みを研究するのには
非常に効果のある方法であり、ひいては病気の新たな治療方法の確立や
食料の増産等、社会の利益に繋がるものですので
その技術、いわゆるバイオテクノロジーを否定する気はないのですが……

遺伝子操作したメダカを商品化することは、完全にアウトだと、ワタクシは思います。

国内では、もう流通していないと思いますが
海外、特に東南アジア圏では???です。

このような遺伝子操作されたメダカは、生命倫理はもとより自然環境に与える
影響も未知数ですので、現在ではカルタヘナ法によってその販売・飼育等は
禁止されてますので、もし海外旅行の際に見かけたとしても
絶対に購入しないでくださいね。


素敵なメダカ・ザリガニはコチラ

バナー150-75


ポチッとお願いしますm(__)m
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村




ダルマメダカについて!

2014.06.20(Fri)

サッカーワールドカップ、イングランドVSウルグアイ
再びウルグアイがリード!
7時からは日本戦が始まりますね。
みずほ銀行のまわし者のミスター昭和でございます(笑)

今日はダルマメダカについての巻です。
楊貴妃ダルマ
これがダルマメダカです。寸詰まりでコロコロしてて何ともユーモラスで
一定の人気がある種類です。
メダカに限らず熱帯魚全般に品種改良が盛んで
別名「バルーン」とも呼ばれています。

しかし一方で、奇形種を育てるのは「何かよろしくない」と
一切飼わない愛好家の方もいらっしゃいます。

ダルマメダカは普通種の突然変異で、先天的に脊椎が短い
いわゆる奇形と言って差し支えないと思います。

アルビノの記事でも少し触れましたが
自然界での生存は絶望的です。

同じメダカ愛好家でありながら、このように評価の分かれるはなぜなのでしょうか?

そこで少し調べてみると、ダルマ(バルーン)の起源は
8641431956qz3.jpg
これです。琉金という金魚なのですが、江戸時代に琉球経由で
中国から輸入されたそうですから
本家の中国で飼育・繁殖されたのは、すごーーく大昔だと推測されます。

それと調べていて、ワタクシが注目したのは
このダルマ体型は、東南アジア圏でのみ人気があるというところです。
欧米では、ほとんど人気がないみたいです。

ここでワタクシのアンテナが、鬼太郎の髪の毛のように
ピーンと立ちました!
「文化の違いやな」と……

しかし3秒後に撤回、「見慣れているだけや」と思い直しました。

一般的に苦手な人が多いヘビですが
インドの蛇使いの子供は、ヘビを全く怖れません。
それはひとえに見慣れているからだと言われております。

ダルマ愛好家が東南アジアに偏るのも
「見慣れている」だけ………
かな?

ご存知の方がいらしたら、教えてくださいませ。


素敵なメダカ・ザリガニはコチラ

バナー150-75


ポチッとお願いしますm(__)m
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村





プロフィール

ミスター昭和

Author:ミスター昭和
昭和レトロがお気に入り
好きなモノをのんびりと...

リンク大歓迎
コメント残して貰えたら嬉しいです!

古き良き時代の思い出を再び

ヘッドライン

最新トラックバック

癒しのアクアリウム

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。