FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--:-- | Comment(-) | Trackback(-) | EDIT

久しぶりに見た~デコトラが通る!!

2014.07.07(Mon)

パタパタパタパタ~ヒュルヒュルヒュる♪
独特のマニ割りサウンドが響いてきます。

ワタクシ、久しぶりに見ました。気合の入ったデコトラを
DSCN0716-480x360.jpg

こんな感じです。これをカッコイイと感じるワタクシの感性はおかしいのでしょうか?
それはともかく、デコトラの元祖はコレ
image.jpg

トッラク野郎一番星です。
これは計10作も放映された東映の名物映画の車両です。

主演は菅原文太さんで、アクションあり、人情話あり、お色気ありと
何でもありなんですが…

これが結構面白く、昭和の時代が全開なところもワタクシ好みであります。
菅原文太演じる星 桃次郎は一番星を操る長距離ドライバーなんですが
積荷はサカナが多かった記憶がありますので
全国各地の市場を回る、いわゆる「やっちゃば便」ですね。

今でも高速を130㌔位でぶっ飛ばしている
やっちゃば4トンをよく見かけます。
大型はリミッターの導入により90㌔ちょいしか出ないので
大手の佐川や西濃とやっちゃばもスピードは横並びですが…

しかしデコトラは目に見えて減りましたね。なぜでしょうね?

ワタクシの個人的な見解を述べさせていただくと
まず各センターや倉庫等に入れなくなってきてます。
荷積みと荷降ろしの両方共に入れる必要があるので、荷積みの中央市場は入れても
荷降ろしの○○食品センターに入れなかったらアウトです。

特に大手は企業イメージを大事にしますから、たとえ優秀なドライバーであっても
パタパタうるさく、箱には大きなペイントが描かれ、一昔前のパチンコ屋みたいに
電飾がきらきら光る下品なトラックに出入りされては困るのです。
今では中央市場以外で入れる所は、ほとんどないでしょう。
間違っても、マルハニチロのセンターには入れません(笑)

第二の理由として、トラック特に大型の長距離が稼げなくなってきたことがあると思います。
映画にもありますが、帰り荷の決まっていないフリー便の場合その場で現金で
次の仕事を受けることもしばしばあったようです。

例えば今では東京ー大阪間を、運賃10万円でいかしてもらいます
というのが、当時は運賃12万で行ってやってもええでという感じです。

ですから大型の長距離ともなれば、かなりの高給取りで羽振りも良かったので
愛車というかほぼ自分の家であるトラックの飾りにも
十分お金をかけれたのだと思います。

現在では、規制緩和・長らくのデフレ不況等々で稼ぎがいいときの
半分以下なんて人はゴロゴロいます。
それに今なんか、軽油がリッター140円位でっせ
やってられまへんわ!というのが本音でしょう。

第三の理由としては、単に流行らなくなったことだと思います。
カッコヨカッタものがダサくなったのです。
満艦飾のピカピカからステンレスのパネルを貼る
ライトな感じに仕上げるのが流行りだし
名称もデコトラからアートトラックと呼ぶようになりましたが

イマイチですね。

E6ADA3E99DA2-a2f01.jpg

こんなワタクシの好きなガンガン飾ったデコトラはすっかり見なくなりました。

しかし昨日、久しぶりに見かけてテンションが年甲斐もなく上がってしまい
勢いでこのブログを書いたのであります。

個人的には、1ヶ月に2回はデコトラを見かけたいものです(笑)

素敵なメダカ・ザリガニはコチラ

バナー150-75


ポチッとお願いしますm(__)m
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ミスター昭和

Author:ミスター昭和
昭和レトロがお気に入り
好きなモノをのんびりと...

リンク大歓迎
コメント残して貰えたら嬉しいです!

古き良き時代の思い出を再び

ヘッドライン

最新トラックバック

癒しのアクアリウム

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。