fc2ブログ

妖怪人間ベム! 放送禁止用語について!!

2014.08.05(Tue)

皆様、こんにちは。

先日、ブルーレイのHDDを整理していたら、出てきました。

N0034455_l.jpg

妖怪人間ベムです!
関西地方では、4年程前に関西テレビ8chで、深夜に放送していました。

リメークされたアニメでも、実写版でもなく
紛れもなくオリジナル版を放映しておりました。

で、もう一度観ていたら、プッ…プと音声が途切れるところがあるんですね。
おそらくその部分には、差別的な表現≒放送禁止用語が含まれているのだと
ワタクシ思いました。

今回は真面目に放送禁止用語について、語らせて下さい。m_ng1.png

例えば、「片手落ち」という言葉は、現在放送禁止用語に該当するそうです。
世の中には片手を失ったり、片手が不自由な人がいるので
その方々に失礼なので「放送禁止」にするということなのでしょうが

ちょっと待ってください。
古来から日本には手落ちという言葉がありました。

仕事や手続きの上で、不足や欠点があるという意味です。
例えば、警備に手落ちがあった等と使われますし
放送禁止用語でもありません。

本来片方に手落ちがあるから、片/手落ちなんですが
これを強引に?片手/落ちと区切るから
差別的な表現に見えてくるんですね。

これって何かおかしいな~と思うのは、ワタクシだけでしょうか。

それと最大の問題は、「思考停止」です!
障害者団体や〇〇解放同盟等は、設立の趣旨や理念は素晴らしいのですが
その一部は、圧力団体としてのイメージの方が強いのが事実だと思います。

あくまで推測ですが、TV局側としてはそのような団体からの抗議がイヤなので
(すでに抗議があったのかもしれませんが)未然に防ぐために、放送禁止用語にするというのが
本音ではないでしょうか?

一部個体から抗議があったから、あるかもしれないから
それに対応するのが面倒なので
ちょっとでも抗議のきそうな言葉は、すぐに使うのを止める。

これって、完全に思考停止以外の何物でもないですね。

思考停止から差別的表現がなくなることはナイと
ワタクシ断言いたします。

いい加減、的の外れた言葉狩りはしない方がいいと
ワタクシ強く思いました。

ではでは。


素敵なメダカ・ザリガニはコチラ

バナー150-75


ポチッとお願いしますm(__)m
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

ミスター昭和

Author:ミスター昭和
昭和レトロがお気に入り
好きなモノをのんびりと...

リンク大歓迎
コメント残して貰えたら嬉しいです!

古き良き時代の思い出を再び

ヘッドライン

最新トラックバック

癒しのアクアリウム

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑